整形ローン主婦でも審査通る?

整形ってそんなにお金がかかるの?

整形にかかる費用というものは脂肪吸引・アンチエイジングのほかにもいろいろあり二重整形の費用などわりと高額と言う印象がありますね。あとアフターケアみたいなものでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更にトラブルが重なると他の病院にいったりやアフターケアやダウンタイム等などにもお金がかかってきますからプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

整形ローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通る必要があります。

整形ローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンより審査は厳しくなります。

整形ローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などに適用されるというものです。

美顔整形は250万円から350万円かかりますから総量規制が考慮すると、750万円から1 050万円の年収が必要になることになります。

整形ローンについて調べている時、パート主婦やアルバイトをしている大学生でも審査に通るとかいう口コミもありました。

たとえば、住信SBIネット銀行やバンクイックといった大手の銀行カードローンを整形ローンとして利用している人も多いのだそうです。

金利も普通の整形ローンよりも安くてお得になることもあり、仕事をしている主婦の人には人気が高いとのことです。

参考:整形ローン審査甘いところは?【主婦や学生でも審査に通るのは?】

若い人はそんな収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

整形ローンは審査が甘いもの?主婦や学生でも審査に通る?

銀行の整形ローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多く学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を整形に関係する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなく使い道に制限されないフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですが整形ローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

又、整形ローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

整形ローンを申し込む際の必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

整形ローンは使用目的が限られているローンなので美顔整形場などの請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

整形ローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

整形ローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、整形ローンの借入が給料やボーナスで賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

給料で返済しきれない場合はボーナスを利用するなど返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。